高校野球滋賀県大会決勝に思う!

高校野球滋賀県大会決勝に思う!

夏の全国高校野球選手権の地方大会が、全国で開催されており、

先日滋賀県でも決勝戦が行われ、彦根東高校と近江高校の彦根対決となった。

そして、勝ったのが彦根東高校。

対戦相手の近江高校は、全国で準優勝経験もある私立の強豪校だ。

やはり高校野球と言えば、全国的に私立が圧倒的に強い。

それもそのはず、高校によっては全国の優秀な選手を集めてチームを組んでいるので、

強くなって当たり前だ。もちろん、指導者の力もあると思うが、素質のある選手を集められれば、チームを強くできる確率が高まる。

滋賀県でも、今までやはり私立高校の近江高校や比叡山高校、滋賀学園などが多く甲子園出場をしており、全国的な傾向に近い。

公立高校の出場もあるが、彦根東のように公立進学校が出場するのは全国的に見てもまだまだ少ない。

静岡県の静岡高校などは、公立超進学校でありながら野球推薦もあるみたいで、少しパターンが違うようだ。

 

今回の彦根東高校の甲子園出場は、まったくフロックでもなさそうだし、

春の県大会に続いての優勝で、春の近畿大会でもベスト4に入ったそうだ。

さらに龍谷大平安に勝利し、大阪桐蔭相手に惜敗をしている。

練習試合でも、履正社などの強豪相手に勝利しているらしい。

もちろん、全国大会の本番ともなると簡単にはいかないだろうが、今年の彦根東高校には今まで以上に期待が膨らむ。

 

私は、仕事柄、文武両道を実現している彦根東高校野球部の選手、監督にとても興味がある。

当塾は、生徒自身が考える勉強を大切にしているし、教えるよりそのことが伸びる要素だと考えている。

また、できるだけ効率よく学力を上げられるように常に模索をしている。

しかし、簡単に答えは出てこない。

当塾でも、クラブチームや部活などでスポーツをしている生徒もいるが、

やはり強いチームほど、練習時間も長く、勉強時間が短くなってしまうのが現状だ。

高校野球の決勝も観戦できていないので、良くわからないが、かなり相手を分析し、頭を使った野球をしているらしい。そして、それぞれの選手は偏差値の高い大学進学を目指し、早朝に勉強をするなどの工夫もあるようだ。

 

本当に野球の勝ち負けも気になるが、彦根東の頭脳集団が、どんな野球をするのか、どんな過程で練習や勉強に取り組んでいるのか、興味津々だ。

今年に夏は、夏期講習の授業もしながら高校野球も気になってしまいそうだ。

 

見たい試合が、私の休日に組まれることを願うばかりだ。

みなさんもぜひ、彦根東高校野球部に注目してみてください。

 

 

お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。